10.3のパラメータ(innodb関連中心)を確認してみたところ、

10.2でなされたような大きな変更は少なく、

10.2でdepricatedになったものが、removedになったりしている感じであった。

 

10.3の目玉としては、

やはりPL/SQLへの対応なのであろうが、

個人的には、以下が嬉しい。

  • sequenceの導入 → nextvalができる
  • Instant ADD COLUMN → alter tableの時間抑制に繋がりそう

 

その他、spider enginにおいて、条件句のpush downも入ったようだ。

 

以上を踏まえると、10.3への移行する場合、

既に10.2を使っているのであれば、比較的低リスクで移行できる?

と感じています。

 

10.4の計画も見てみると、

innodb以外のストレージエンジンの機能拡張が候補になっていたりと、

MySQLとの乖離がどんどん大きくなるような気がするが。。

 

以上