カテゴリー「php」

前回も書いたが、

maxsclaleとphpのmysqlndでまた問題があったので、

記載しておく。

 

たぶんまた、


PDO::setAttribute( ATTR_EMULATE_PREPARES, false )

のせいなのだろうが。。

 

その1 maxscaleのコネクションプールが使えなくなる

nativeのエミュレートを有効にした状態で、

maxscaleのコネクションプールを使うと以下のようなエラーが頻発する。


Wrong COM_STMT_PREPARE response size. Received 7 with query:

これは、mysqlnd側が出力しているエラーなのだが、

どうもレスポンス(応答)のサイズが期待したものと異なるからのようある。

 

その2 高負荷でreadwriteが使えなくなる

maxscaleのreadwrite splitを使っている状態で、

高負荷になると以下のエラーが頻発する。


SQLSTATE[HY000]: General error: 2003 Lost connection to backend server. with query:

どうも、slaveを見失ってしまうことが多く、結果として、

master側への接続もエラーになるというもの。

 

使っていたバージョンは、

maxscale2.0.4なのであるが、

意外に高負荷に現状耐えることが出来てないのかな、、と思う。

とはいえ、すぐにbugfixされるので、継続的に見守っていきたい。

 

投稿日時:2017年03月21日 22:28   カテゴリー:mariadb, mysql, php   [コメントがあればどうぞ]

phpのmysqlndというライブラリは素晴らしいものである。

しかし、その機能に悩まされたので、記載しておく。

 

そもそもmysqlndは、

  1. ネイティブのprepared statementのサポート
  2. DBの型に合わせたphpの自動型変換サポート
  3. フェイルオーバ検知の仕組みの提供(mysqlnd_ms)

などの機能がある。

 

1と2については、


PDO::setAttribute( ATTR_EMULATE_PREPARES, false )

により実現できる。

しかし、3については、これを設定すると機能しなくなる(らしい、未検証)。

 

さらに上記を設定した場合、

raw_queryでさえも、prepared statementとして扱われてしまう。

一見問題なさそうなのですが、

maxsacleのreadwrite splitをかましていると、

prepared statementがmasterに振られてしまうため、

slave参照が行われなくなってしまう。

じゃあ、mysqlnd_msでやればいいじゃんって話だが、

先ほど書いたように機能しなくなってしまう(らしい、未検証)。

 

というちょっと困る事象。。

maxslaceがprepared statemtでもslaveに振ってくれればいいのだが。。

投稿日時:2017年03月14日 23:15   カテゴリー:mariadb, mysql, php   [コメントがあればどうぞ]

ローカル環境にS3環境を構築できる「S3 ninja」なるものを入れてみたので、

備忘録を残しておく。

 

  • ダウンロード

http://s3ninja.net/

上記からzipファイルを落として解凍すればよい。

 

  • 初期設定

解凍した直下に、「instance.conf.sdsignore」というファイルがあるので、

これを「instance.conf」とする。

また、dataフォルダがあるので、

その下に「s3」フォルダを作成する。

 

  • 起動

以下を実行すれば、「http://localhost:9444」でアクセス可能となる。

$ ./sirius.sh start

 

phpとjavaからアップしたが、本物とは違ったので、

コードを記載しておく。

なお、前提として、「http://localhost:9444」にアクセスして、

事前に「test」というバケットを作り、「public」にしておくものとする。

 

phpコード

<?php
require_once("aws.phar");
$bucketName = "s3";
$accessKey = "AKIAIOSFODNN7EXAMPLE";
$secretKey = "wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY";
$keyName = "test/php/000.text";

$s3 = new Aws\S3\S3Client(array(
    'credentials' => array(
        'key'    => $accessKey,
        'secret' => $secretKey,
    ),
    'version' => "2006-03-01",
    'region' => "us-east-1",
    'endpoint' => "http://localhost:9444/",
));

$r = $s3->putObject(array(
   'Bucket' => $bucketName,
   'Key' => $keyName,
   'Body' => fopen("test.txt", "r"),
   'ACL' => 'public-read',
   'CacheControl' => 'no-store, no-cache',
));
var_dump($r);

 

javaコード

package sample.ninja_test;

import java.io.File;

import com.amazonaws.auth.BasicAWSCredentials;
import com.amazonaws.services.s3.AmazonS3Client;
import com.amazonaws.services.s3.S3ClientOptions;
import com.amazonaws.services.s3.model.CannedAccessControlList;
import com.amazonaws.services.s3.model.PutObjectRequest;

public class App
{
  private static final String keyName = "java/000.text";
  private static final String bucketName = "test";
  private static final String accessKey = "AKIAIOSFODNN7EXAMPLE";
  private static final String secretKey = "wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY";

  public static void main(String[] args) {
    AmazonS3Client client = new AmazonS3Client(new BasicAWSCredentials(accessKey, secretKey));
    client.setS3ClientOptions(new S3ClientOptions().withPathStyleAccess(true));
    client.setEndpoint("http://localhost:9444/s3");

    PutObjectRequest putObj = new PutObjectRequest(bucketName, keyName, new File("test.txt"));
    putObj.setCannedAcl(CannedAccessControlList.PublicRead);
    client.putObject(putObj);

    String url = client.getResourceUrl(bucketName, keyName);
    System.out.println(url);
  }
}

期待した設定としては、javaのコードが正しい。
phpのコードはちょっと設定がおかしい。

とはいえ、この辺は、プログラムの設定等で吸収できるので、
簡易的なテストツールとしてはいいかもしれません。

投稿日時:2016年02月22日 16:58   カテゴリー:aws, java, php   [コメントがあればどうぞ]

remiレポジトリにおいて、

php7対応のモジュールが結構出揃いましたね。

現時点で、以下が引っかかった。

 

$ yum search php70 --enablerepo=remi | grep -F "php70" | awk '{print $1;}'
php70-php-pecl-propro-devel.x86_64
php70-php-pecl-raphf-devel.x86_64
php70-php-pecl-xmldiff-devel.x86_64
php70-php-pecl-yaconf-devel.x86_64
php70-php-yaconf-devel.x86_64
php70-runtime.x86_64
php70-scldevel.x86_64
php70.x86_64
php70-build.x86_64
php70-php.x86_64
php70-php-ast.x86_64
php70-php-bcmath.x86_64
php70-php-cli.x86_64
php70-php-common.x86_64
php70-php-dba.x86_64
php70-php-dbg.x86_64
php70-php-devel.x86_64
php70-php-embedded.x86_64
php70-php-enchant.x86_64
php70-php-fpm.x86_64
php70-php-gd.x86_64
php70-php-gmp.x86_64
php70-php-horde-horde-lz4.x86_64
php70-php-imap.x86_64
php70-php-interbase.x86_64
php70-php-intl.x86_64
php70-php-json.x86_64
php70-php-ldap.x86_64
php70-php-litespeed.x86_64
php70-php-mbstring.x86_64
php70-php-mcrypt.x86_64
php70-php-mysqlnd.x86_64
php70-php-oci8.x86_64
php70-php-odbc.x86_64
php70-php-opcache.x86_64
php70-php-pdo.x86_64
php70-php-pdo-dblib.x86_64
php70-php-pear.noarch
php70-php-pecl-amqp.x86_64
php70-php-pecl-apcu.x86_64
php70-php-pecl-apcu-bc.x86_64
php70-php-pecl-apcu-devel.x86_64
php70-php-pecl-apfd.x86_64
php70-php-pecl-apm.x86_64
php70-php-pecl-crypto.x86_64
php70-php-pecl-eio.x86_64
php70-php-pecl-env.x86_64
php70-php-pecl-ev.x86_64
php70-php-pecl-gender.x86_64
php70-php-pecl-geoip.x86_64
php70-php-pecl-geospatial.x86_64
php70-php-pecl-gmagick.x86_64
php70-php-pecl-hdr-histogram.x86_64
php70-php-pecl-hprose.x86_64
php70-php-pecl-hrtime.x86_64
php70-php-pecl-http.x86_64
php70-php-pecl-http-devel.x86_64
php70-php-pecl-imagick.x86_64
php70-php-pecl-imagick-devel.x86_64
php70-php-pecl-json-post.x86_64
php70-php-pecl-libsodium.x86_64
php70-php-pecl-lzf.x86_64
php70-php-pecl-mailparse.x86_64
php70-php-pecl-memcache.x86_64
php70-php-pecl-memcached.x86_64
php70-php-pecl-mogilefs.x86_64
php70-php-pecl-mongodb.x86_64
php70-php-pecl-msgpack.x86_64
php70-php-pecl-msgpack-devel.x86_64
php70-php-pecl-mysql.x86_64
php70-php-pecl-oauth.x86_64
php70-php-pecl-pcs.x86_64
php70-php-pecl-pcs-devel.x86_64
php70-php-pecl-pq.x86_64
php70-php-pecl-propro.x86_64
php70-php-pecl-raphf.x86_64
php70-php-pecl-redis.x86_64
php70-php-pecl-rrd.x86_64
php70-php-pecl-seaslog.x86_64
php70-php-pecl-selinux.x86_64
php70-php-pecl-ssdeep.x86_64
php70-php-pecl-stats.x86_64
php70-php-pecl-swoole.x86_64
php70-php-pecl-taint.x86_64
php70-php-pecl-termbox.x86_64
php70-php-pecl-trader.x86_64
php70-php-pecl-translit.x86_64
php70-php-pecl-uploadprogress.x86_64
php70-php-pecl-uuid.x86_64
php70-php-pecl-varnish.x86_64
php70-php-pecl-weakref.x86_64
php70-php-pecl-xattr.x86_64
php70-php-pecl-xdebug.x86_64
php70-php-pecl-xmldiff.x86_64
php70-php-pecl-xxtea.x86_64
php70-php-pecl-yac.x86_64
php70-php-pecl-yaconf.x86_64
php70-php-pecl-yaf.x86_64
php70-php-pecl-yaml.x86_64
php70-php-pecl-yar.x86_64
php70-php-pecl-zip.x86_64
php70-php-pgsql.x86_64
php70-php-process.x86_64
php70-php-pspell.x86_64
php70-php-recode.x86_64
php70-php-smbclient.x86_64
php70-php-snmp.x86_64
php70-php-soap.x86_64
php70-php-tidy.x86_64
php70-php-xml.x86_64
php70-php-xmlrpc.x86_64
php70-php-yaconf.x86_64

 

centos7のbaseに入ってくるのは数年後だろうけど。。

remiを使えるのであれば、これだけあれば結構いける気がする。

 

投稿日時:2016年02月10日 09:26   カテゴリー:php   [コメントがあればどうぞ]

phpにも、pythonやrubyと同じようにインタラクティブシェルがあるんですね。。

最近知りました。。。

 

php -a

 

とやるみたい。。

 

投稿日時:2015年07月14日 13:13   カテゴリー:php   [コメントがあればどうぞ]

6月12日にphp7-alphaがリリースされていた。

予定では、11月に正式版になるとのこと。

 

言語の書き方という面において、

個人的には、

  • 関数の戻り値型の指定
  • スカラー型によるタイプヒンティング

の導入は良いかなと思う。

 

たださ、なんかjavaにどんどん近づいているよね?

そのうち、javaのコレクションに相当するものが出てきそう。

 

httpdの組み合わせによる利用が一般的だから、

どんだけパフォーマンスでるんだろうね?

 

webサービスの場合、javaで書いたほうがよくね??

と個人的には思ってしまうよ。。

 

投稿日時:2015年06月25日 15:18   カテゴリー:php   [コメントがあればどうぞ]

windows8.1

cygwinでphpビルトインサーバを用いて、

phalconフレームワークを動かしてみた。

 

予めやっておくことは、

  • ビルドできる環境
  • phpおよび関連モジュールのインストール
  • phalconのインストール(linuxの方法でcygwinもできます)

です。

 

そして、

サンプルのinvoをダウンロードして、

公開ディレクトリに移動して、

php -S localhost:8000 routing.php

をたたけば起動する。

 

ここで、あらかじめ以下2点を対応しておく。

①invoのapp/config/config.iniのbaseUriを「/」に変更しておく

②公開ディレクトリ直下にrouting.phpを作成する。

<?php
$route = parse_url(substr($_SERVER["REQUEST_URI"], 1))["path"];

if (is_file($route)) {
    if(substr($route, -4) == ".php"){
        require $route;         // Include requested script files
        exit;
    }
    return false;               // Serve file as is
} else {                        // Fallback to index.php
    $_GET["_url"] = "/" . $route;        // Try to emulate the behaviour of your htaccess here, if needed
    require "index.php";
}

 

で、おしまい。

 

routing.phpについては、phpの公式ページに書いてあるのを、

phalconようにちょろっと修正しただけです。

投稿日時:2015年06月16日 17:36   カテゴリー:php   [コメントがあればどうぞ]

新しいネタがないので、

過去の小ネタを。

 

phpでデーモンプログラムを組んで、

そこで、pdoを使う場合、

fetchを使うと処理が落ちる。

fetchAllでないとダメ。

 

理由は、、、忘れた。。

投稿日時:2015年06月16日 09:37   カテゴリー:php   [コメントがあればどうぞ]