spider engineを検証していたら、謎の挙動に出会った。

簡単に言うと、whereでpartition条件句を含めたクエリーを発行したのち、

whereがないクエリーを発行すると、partition条件句の向き先となったノードに発行先が固定されるというもの。

試したバージョンは、

MariaDB:10.3.8

Spider:3.3.13

である。

 

原因がよくわかっていないのだが、

flush tables;

コマンドを発行すると治る。。

セッションを終了しても治らない。。

 

高速化のため、spider側で何かしらキャッシュしていることが原因なのではないかと考えているが、

どうも気持ち悪く、バグなのか仕様なのかも現在はっきりしていない。

原因が判明したら、また記載しようと思います。

また、MariaDB10.1にバンドルされていた3.2.37とは動きが異なる部分が多かったので、

検証完了次第、詳細な動き(パターン)を合わせて記載出来たらと思います。

 

以上