分散型KVSで、cassandraと同じようにリング型マルチマスターの特徴をもつ、riakというKVSがある。

今回riakについて諸々検証してみたので、載せておく。

 

[バージョン]

riakKV2.3.3

 

[試験内容]

500万キーで、protobufを使い、20KBのバイナリデータのPUT/GETの繰り返した。

PUT/GETの繰り返し間隔は約0.1秒で、JAVAの公式が提供するriakライブラリを使って、1時間程度試験を行った。

 

[サーバスペック]

8core/7.2GB/SSD.100GBの仮想マシンの6クラスター

 

[バケットタイプ]

# riak-admin bucket-type create my_dvv_type '
{
  "props":
  {
    "allow_mult":false,
    "last_write_wins":false,
    "dvv_enabled":true,
    "pw":"one",
    "pr":"one",
    "dw":"one"
  }
}'

 

[結果]

結論として、公式が推奨するbitcaskは使えなかった。

bitcaskは追記型のため、同一キーに対してPUTすると、

爆発的にDISK使用量が増える。

試験を始めて、即座に100GB近くDISKを消費したため、

levelDBに切り替えてテストを行った。

(ちなみに、bitcaskは、使われなくなったキーは、mergeされるまで残り続けるらしく、

mergeの処理というのもとても重いようだ。ここは未検証。)

 

計算上は、

500万キー、1キーあたり20KBのデータ、

6ノード、n_valは3なので、

500万×20KB×3÷6=6GB

となり、実際もだいたい、1ノードあたり、6GB程度のlevelDBのDISK使用量であった。

 

で、気になるパフォーマンスだが、

PUT/GETの繰り返しを秒間3000程度はさばいたところで、

各ノードのCPU使用率が60%くらいであったが、

DISK書き込みのスループットが限界に近づいていた状態であった。

 

また、JAVAでメモリ上にデータのHASH値を保持し、

GET時のHASHと比較したが、ひとつもずれはなかった。

単純に、last_write_wins:trueとしたときは、ずれが生じてしまっため、

同一キーに激しくPUTする環境で、最新のデータを必ず取りたいときは、

"allow_mult":false,
"last_write_wins":false,
"dvv_enabled":true,

の設定がよいのかと思っています。

 

[考察]

riakは永続性が求めれる大量のデータを扱う場合、

かなり使えることが分かった。

ただし、protobufを使わないと、パフォーマンスはでないし、

各言語のライブラリは確認しておく必要あり。

(phpの3rdpartyのprotobufライブラリは60KB以上のデータ扱えない問題あり。javaは1MBでも大丈夫だった。)

 


 

クラスターからの取り外し、参加させる場合など、

キーのリハッシュが生じる際は気を付ける必要があるが、

cassandraを使うよりは設定は楽で、運用も楽そうな感じはする。

サーバのスペックとしては、

CPUもMEMORYもDISKもNETWORKも、

全ての性能がある程度求められるが、かなり使える手応えである。

 

今回は、KVSの機能としか見ていないが、

機能は豊富であるので、今後も期待しています。

 

以上

 

投稿日時:2017年05月21日 00:04   カテゴリー:riak  

MySQL/MariaDBで、binlog_formatというのが、

  • statement
  • mixed
  • row

とありますが、

このうち、mixedを選択していた場合、

statementかrowがクエリーのタイプによって、

決定されると書いてあったのだが、

よく見ると、tx_isolationが

InnoDB テーブルを使用中で、トランザクション分離レベルが READ COMMITTED または READ UNCOMMITTED の場合、行ベースのロギングのみを使用することができます。ロギング形式を STATEMENT に変更することは可能ですが、InnoDB は挿入を実行できないため、実行時にこれを行うと、非常に速くエラーが発生します。』

という記述が公式にあった。

 

rowだと、バイナリログの出力サイズが大きいから、

mixedにして削減しようと思ったが、

そもそもREAD COMMITEDで運用していたから、意味なかったという話。。

 

投稿日時:2017年04月30日 21:50   カテゴリー:mariadb, mysql  

前回も書いたが、

maxsclaleとphpのmysqlndでまた問題があったので、

記載しておく。

 

たぶんまた、


PDO::setAttribute( ATTR_EMULATE_PREPARES, false )

のせいなのだろうが。。

 

その1 maxscaleのコネクションプールが使えなくなる

nativeのエミュレートを有効にした状態で、

maxscaleのコネクションプールを使うと以下のようなエラーが頻発する。


Wrong COM_STMT_PREPARE response size. Received 7 with query:

これは、mysqlnd側が出力しているエラーなのだが、

どうもレスポンス(応答)のサイズが期待したものと異なるからのようある。

 

その2 高負荷でreadwriteが使えなくなる

maxscaleのreadwrite splitを使っている状態で、

高負荷になると以下のエラーが頻発する。


SQLSTATE[HY000]: General error: 2003 Lost connection to backend server. with query:

どうも、slaveを見失ってしまうことが多く、結果として、

master側への接続もエラーになるというもの。

 

使っていたバージョンは、

maxscale2.0.4なのであるが、

意外に高負荷に現状耐えることが出来てないのかな、、と思う。

とはいえ、すぐにbugfixされるので、継続的に見守っていきたい。

 

投稿日時:2017年03月21日 22:28   カテゴリー:mariadb, mysql, php  

JAVAのwebsocketの能力はすごい。

APサーバとして、jetty9を使い、

ほぼメモリのみで完結する処理で、

8coreの仮想マシンで、

同時接続10,000を超えることが可能である。

(当然、OSレベルのチューニングも必要、コードレベルではスレッドプールの適切な利用が必要であり、syncronized、Concurrent、Atomicも使って一貫性を確保することも必要)

 

当然、メモリの使用量には気を付けなきゃいけないが、

多少DB書き込みが入っても、コネクションプールを使っていれば、

全くパフォーマンスダウンしない。

 

やはり、JAVAのマルチスレッドは偉大であると、切に思いました。

 

JAVAのマルチスレッドでの記事は、大規模業務系ぐらいしかないため、

どうも細かい内容が出てきづらい。

もっとオープンなところで積極的に活用されることを願っています。

 

投稿日時:2017年03月14日 23:29   カテゴリー:java  

phpのmysqlndというライブラリは素晴らしいものである。

しかし、その機能に悩まされたので、記載しておく。

 

そもそもmysqlndは、

  1. ネイティブのprepared statementのサポート
  2. DBの型に合わせたphpの自動型変換サポート
  3. フェイルオーバ検知の仕組みの提供(mysqlnd_ms)

などの機能がある。

 

1と2については、


PDO::setAttribute( ATTR_EMULATE_PREPARES, false )

により実現できる。

しかし、3については、これを設定すると機能しなくなる(らしい、未検証)。

 

さらに上記を設定した場合、

raw_queryでさえも、prepared statementとして扱われてしまう。

一見問題なさそうなのですが、

maxsacleのreadwrite splitをかましていると、

prepared statementがmasterに振られてしまうため、

slave参照が行われなくなってしまう。

じゃあ、mysqlnd_msでやればいいじゃんって話だが、

先ほど書いたように機能しなくなってしまう(らしい、未検証)。

 

というちょっと困る事象。。

maxslaceがprepared statemtでもslaveに振ってくれればいいのだが。。

投稿日時:2017年03月14日 23:15   カテゴリー:mariadb, mysql, php  

JAVAでredisを使う際、以下のライブラリを使用していた。

https://github.com/mp911de/lettuce

 

このライブラリはとても素晴らしいのだが、

Non Blocking IO機能を、マルチスレッド環境で使おうとすると、

どうもコントロールが難しい。

 

というのもの、このライブラリは内部的にnettyを使っており、

Non Blockingを使う際、nettyのHashedWheelTimerってやつが、

シングルスレッドでtickを刻んでいるため、複数接続を作ろうとすると怒られる。(たぶん作れない)

そもそもredisはシングルスレッドなので、複数接続作ることが間違っているのかもしれないが、

常時接続を1本をマルチスレッド環境で使うのもなんとなく心細い。。

エラーハンドリングでの再接続なども実装しようとすると、

せめてcore数くらい接続を用意しておきたい心持である。。

 

結局Non Blockingはやめて、Blockingを選択したことで、

複数接続を扱えるようになったが、正直結構悩むところである。

 

投稿日時:2017年03月14日 23:05   カテゴリー:java, redis  

最近MariaDBばっかりです。

実施したバージョンは、10.1.20です。

 

●スレッドプール

MySQL(Standard)にはなくて、MariaDBに備わっている目玉機能は、

スレッドプールでしょう(thread_handling=pool-of-threads)。

スレッドプールというのは、クライアントからの接続に対して、

プール済みのスレッドから割り当てるものである。

実はよく似て、非なるパラメータがある。

それは、thread_cache_sizeである。

スレッドプールとthread_cache_sizeは説明などをよく読むと、

「生成済みのスレッドを使い回し、スレッド生成コストを抑える」

みたいなことが書いてある。

確かにその通りなのだが、内部的な動きに大きな違いがある。

 

筆者はMariaDBとMySQLの専門家ではないので、

以下間違った解釈かもしれません。なので、以下を呼んでも鵜呑みにしないでいただきたい。

 


個人的な解釈だが、スレッドプールとスレッドキャッシュの違いは、

スレッドのコンテキストスイッチまで踏み込んでいるかどうかだと考えている。

javaをやる人ならおなじみにコンテキストスイッチというのは、

大量スレッドが生まれた時の、スレッドの切り替えのことであり、

これが意外にコストが重い。

スレッドプールは、コンテキストスイッチを抑える機能でもあり、

スレッドキャッシュは、スレッドの生成抑制のみで、コンテキストスイッチを抑える働きはないと思う。

たとえば、スレッドプールを無効化した状態で、スレッドキャッシュサイズを100に設定したとする。

このとき、200の接続がきたら、100はキャッシュされ、100は新規作成&終わったら破棄される。

また次の瞬間200の接続が来たら、100はキャッシュから取り出され、100は新規作成&終わったら破棄される。

このように、スレッドキャッシュは、同時実行スレッドの抑制まではしない。

それに対し、スレッドプールの場合、スレッドプールサイズを100に設定したとする。

このとき、200の接続がきたら、100はスレッドプールが割り当てられ、残りの100は待機状態になる。

しかし、プールされた100スレッドは、トランザクションの重さによって、徐々に重いグループに移動され、軽いグループの空きを作って、そこに残りの100接続が徐々に割り当てる。

このように、同時実行をある程度制御することで、コンテキストスイッチを抑え、持続的なパフォーマンス維持に努めるのがスレッドプールの特徴である。

つまり、スレッドプールをやったからといって、必ずしもパフォーマンスが向上するわけではない。

スレッドプールの最大の特徴は、パフォーマンスの維持であると考えている。

そのため、大量のOLTPには向いているが、バッチ処理などには向いていないなど、得手不得手もある。


 

●並列レプリケーション

MariaDBにはMySQLとは異なる形で、並列レプリケーション機能を提供している。

MySQLの並列レプリケーションは、「異なるスキーマ」に対してのみ機能する。

それに対し、MariaDBの並列レプリケーションは、「異なるスキーマ」「コミットグループ」に対して、機能する。

具体的には以下2つである。

  • slave-domain-parallel-threads(スキーマ)
  • slave-parallel-threads(グループ)

詳しくは本家の説明ページを参照されたい。

https://mariadb.com/kb/en/mariadb/parallel-replication/

 

諸々書いてきたが、

MySQL5.7とMariaDB10.1ではほぼ同等(世間的にはMySQL5.7の上かな?)といったところと思います。

ただ、MariaDBのレプリケーションは、結構素晴らしいと思っています。

並列レプリケーション以外にも、GTIDがデフォルトで使えることによる扱いやすさもあるので、

個人的には国内でもMariaDBがもっと流行るといいなと願っています。

 

投稿日時:2017年03月14日 22:49   カテゴリー:mariadb  

ずいぶん時間が空いてしまったが、

MariaDBのHAで続きが出来たので、

記載します。

 

前回、負荷試験前でありましたが、

諸々実施後、以下の問題点が出てきました。

  • 秒間300コミットを超えると、slaveが遅延する
  • slave遅延により、Semiレプリケーションが外れる

 

秒間300コミット以上の場合は、

slave側で、innodb_flush_log_at_trx_commitを2にしないと追いつけなくなる。

これで秒間600コミットくらいまで耐えれるが、それ以上である場合、0にしないとダメであった。

同時に、Semiレプリケーションが外れて、通常レプリケーションとなると、

レプリケーションによるfailoverでのロスト率が高まってしまうため、

rpl_semi_sync_master_timeoutを1500ミリ秒に設定した。

同時に、slaveのデータ保全性を高めるため、

rpl_semi_sync_master_wait_pointにAFTER_SYNCを設定した(いわゆるロスレスレプリケーション)。

さらに、slaveの更新性能をアップするため、

  • slave_parallel_threads

というMariaDB特有のパラメータを設定した。

slave_parallel_threadsの特徴は、MariaDBではグループコミットという機能があり、

MySQLの並列レプリケーションよりも細かい粒度で書き込みをまとめることが出来る。

 

そんなこんなで出来上がった設定は以下の通り。

ちなみに、16CORE/104GBの仮想マシンです。


##########
# mysqld
##########
[mysqld]
# --------------------------------------------------
# base
# --------------------------------------------------
user=mysql
bind-address=0.0.0.0
port=3306
pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid
datadir=/var/lib/mysql
socket =/var/lib/mysql/mysql.sock
symbolic-links=0
sql_mode=TRADITIONAL
default-storage-engine=InnoDB
transaction-isolation=READ-COMMITTED
character-set-server=utf8mb4
collation-server=utf8mb4_general_ci
skip-character-set-client-handshake=0
innodb_buffer_pool_load_at_startup=1
innodb_buffer_pool_dump_at_shutdown=1
innodb-defragment=1
innodb_fast_shutdown=0
thread_pool_max_threads=1000
thread_handling=pool-of-threads

extra_port=3307
extra_max_connections=10

# --------------------------------------------------
# replication
# --------------------------------------------------
server-id=1
binlog_format=row
log-bin=mysql-bin
max_binlog_size=128M
sync_binlog=1
expire_logs_days=2
innodb_flush_log_at_trx_commit=1
innodb_autoinc_lock_mode=2
plugin-load=rpl_semi_sync_master=semisync_master.so;rpl_semi_sync_slave=semisync_slave.so
rpl_semi_sync_master_enabled=1
rpl_semi_sync_master_timeout=1500
rpl_semi_sync_slave_enabled=1
rpl_semi_sync_master_wait_point=AFTER_SYNC
log-slave-updates
relay_log_recovery=1
slave_parallel_threads=8

# --------------------------------------------------
# network
# --------------------------------------------------
max_connections=7200
max_connect_errors=999999999
connect_timeout=10
max_allowed_packet=10M
back_log=1024

# --------------------------------------------------
# logging
# --------------------------------------------------
log_output=FILE
log_warnings=1
log_error=/var/log/mysql/error.log
slow_query_log=1
long_query_time=0.5

slow_query_log_file=/var/log/mysql/slow.log
innodb_file_per_table=1
innodb_log_buffer_size=16M

# --------------------------------------------------
# cache, memory
# --------------------------------------------------
query_cache_size=0
max_heap_table_size=32M
tmp_table_size=32M
thread_cache_size=2400
innodb_buffer_pool_size=72G
innodb_flush_neighbors=0
innodb_read_ahead_threshold=0
innodb_log_file_size=4G
innodb_buffer_pool_instances=16
innodb_lru_scan_depth=2048

# --------------------------------------------------
# IO
# --------------------------------------------------
innodb_read_io_threads=16
innodb_write_io_threads=16
innodb_io_capacity=5000
innodb_io_capacity_max=20000
innodb_open_files=2048
innodb_purge_threads=4
innodb_sync_array_size=32

# --------------------------------------------------
# query
# --------------------------------------------------
sort_buffer_size=4M
read_rnd_buffer_size=2M
read_buffer_size=512K
join_buffer_size=512K

##########
# mysqldump
##########
[mysqldump]
default-character-set=utf8mb4
max_allowed_packet=1G

##########
# mysql
##########
[mysql]
default-character-set=utf8mb4

##########
# mysqld-safe
##########
[mysqld_safe]
log-error=/var/log/mysql/error.log

あとは、maxscaleで各種イベントを拾った時、
slave側には、以下のクエリーを投げてやることにした。


set global read_only = 1; set global innodb_flush_log_at_trx_commit = 0;

 

これで、slave側も秒間1000コミット近く耐えらる。

 

投稿日時:2017年03月14日 22:17   カテゴリー:mariadb  

以前の記事で、monitいいね!なんて書いたので、

monitの設定を残しておく。

なお、バージョンは5.1.4である。

 

[monit.rc]

set daemon 30

set logfile syslog

set eventqueue basedir /var/monit slots 100

set mailserver smtp.gmail.com port 587
 username XXX password XXX
 using tlsv12 with timeout 30 seconds

set mail-format {
 from: XXX@XXX
 subject: Monit Alert ($HOST)
 message: Monit
 ACTION : $ACTION
 SERVICE : $SERVICE
 EVENT : $EVENT
 at $DATE on $HOST.
 DESCRIPTION : $DESCRIPTION
}

set alert XXX@XXX not on {
 instance, action, exec
}

set httpd port 2812 and
 use address 0.0.0.0
 allow localhost
 allow XXX.XXX.XXX.XXX/255.255.255.0
 allow XXX:XXX
 allow XXX:XXX read-only

include /etc/monit.d/*.rc

monit.d以下のファイル。

[disk.rc]

check device root with path /
if space usage > 80% for 5 times within 15 cycles then alert
if inode usage > 90% then alert
if space usage > 95% then stop

[net.rc]

check network eth0 interface eth0

[system.rc]

check system XXX
if cpu > 80% for 5 cycles then alert
if memory usage > 90% for 5 cycles then alert
[mariadb.rc]
check process mariadb with pidfile /var/run/mysqld/mysqld.pid
start program "/usr/bin/systemctl start mariadb.service"
stop program "/usr/bin/systemctl stop mariadb.service"
[maxscale.rc]
check process maxscale with pidfile /var/run/maxscale/maxscale.pid
start program "/usr/bin/systemctl start maxscale.service"
stop program "/usr/bin/systemctl stop maxscale.service"

ほんとはもっとあるけど、

重要なもののみとしました。

 

ポイントとしては、

「データを保持するものは、安易に再起動をかけない」

というところでしょうか。

mariadbについては、今回レプリケーションを組んでいる関係上、

落ちた場合の即再起動が、逆に悪影響を及ぼす可能性があるためです。

 

あとは、うまいこと通知をいれること、

monit自体のプロセス監視などをいれておくことも大事です。

現状、以下2つのcron処理において、

  • monitプロセスの死活監視および再起動
  • monitの再監視設定

を行うようにしています。

*/5 * * * * /usr/bin/pgrep "monit" || /usr/bin/systemctl start monit > /dev/null 2>&1
7 * * * * /usr/bin/pgrep "monit" && /usr/bin/monit monitor all > /dev/null 2>&1

 

やはり、m/monitと連動させたいな。。

 

投稿日時:2016年12月26日 23:48   カテゴリー:server  

MariaDBを3台構成で、

準同期レプリケーション&スレーブ自動昇格

のクラスターを組んだので、備忘録として記載しておく。

 

[ソフトウェア]

  • MariaDB 10.1.18
  • Maxscale 2.0.1
  • MariaDB Replication Manager 0.6.4(以下MRM)

 

[インフラ]

  • web × 3 → MariaDB client, Maxscale, MRMを配備
  • db × 3 → MariaDB serverを配備

 

[処理概要]

webに配備されたMaxscaleはReadWriteSplitterで起動し、

127.0.0.1:4000のアクセスを、dbに振り分ける。

同時に、Maxscaleのmonitor機能により、

masterがフェイルオーバした際は、

MRMがコールされ、スレーブの自動昇格を実現する。

 

[注意したこと]

執筆時点でMRMの0.7rc3はリリースされていたが、どうも不具合があり、0.6.4で対応した。

ただし、issueでも上がっていたので、近日中には修正されると期待している。

 

MaxscaleからMRMを呼び出すのだが、

masterダウンイベントが走った際、3つのMRMが同時に検知してフェイルオーバ処理を実施した場合、

昇格の一貫性を保証するかわからなかったので、

masterダウンイベントを受け取った、webノード3台が相互に生き死にを確認し、もっとも優先順位が高いノードが、

フェイルオーバ処理を実行するようにした。

 


 

上記により、現状手動によるフェイルオーバ検知はすべて正常に行わるが、

MRMを呼び出す部分においてラップしているrubyスクリプトが、

ゾンビプロセスとなる不具合がある。

これについては、現状理由がよくわかっていないが、

Maxscaleを再起動すればなくなるので、一旦放置とした。

参考に、各設定を残しておく。

 

[maxscale.conf]

# Global parameters
[maxscale]
threads=2

# Server definitions
[s-db01]
type=server
address=XXX.XXX.XXX.1
port=3306
protocol=MySQLBackend
[s-db02]
type=server
address=XXX.XXX.XXX.2
port=3306
protocol=MySQLBackend
[s-db03]
type=server
address=XXX.XXX.XXX.3
port=3306
protocol=MySQLBackend

# Monitor for the servers
[m-db]
type=monitor
module=mysqlmon
servers=s-db01,s-db02,s-db03
user=XXX
passwd=XXX
monitor_interval=3000
script=/usr/local/bin/mrm.rb -u XXX:XXX -r XXX:XXX -h $INITIATOR,$NODELIST -e $EVENT -m m-db --live_nodes $NODELIST
events=master_down,master_up,slave_down,slave_up,new_master,new_slave

# Service definitions
[rw-db]
type=service
router=readwritesplit
servers=s-db01,s-db02,s-db03
user=XXX
passwd=XXX
max_slave_connections=100%
localhost_match_wildcard_host=1

[maxadmin service]
type=service
router=cli

# Listener definitions for the services
[l-db]
type=listener
service=rw-db
protocol=MySQLClient
port=4000

[maxadmin listener]
type=listener
service=maxadmin service
protocol=maxscaled
port=6603

 

[mrm.rb]

#!/usr/bin/ruby
# -*- encodinfg: utf-8 -*-
 
#
# maxscaleからfailoverを実行させるためのスクリプト
#
 
# 引数解析ライブラリ読み込み
require 'optparse'
 
##############################
# 初期化
admin_user = nil
replication_user = nil
target_hosts = nil
event_name = nil
monitor_name = nil
live_nodes = nil
 
# 引数解析
OptionParser.new do |opt|
 # 管理ユーザ
 opt.on('-u VALUE', 'admin user and password') do |v|
 admin_user = v
 logger.info('admin_user => %s' % v)
 end
 # レプリケーションユーザ
 opt.on('-r VALUE', 'replication user and password') do |v|
 replication_user = v
 logger.info('replication_user => %s' % v)
 end
 # 対象ホスト
 opt.on('-h VALUE', 'target hosts') do |v|
 target_hosts = v
 logger.info('target_hosts => %s' % v)
 end
 # 監視名
 opt.on('-m VALUE', 'monitor name') do |v|
 monitor_name = v
 logger.info('monitor_name => %s' % v)
 end
 # イベント名称
 opt.on('-e VALUE', 'event name') do |v|
 event_name = v
 logger.info('event_name => %s' % v)
 end
 # 稼働中ノード
 opt.on('--live_nodes [VALUE]', 'live nodes (optional)') do |v|
 live_nodes = v
 logger.info('live_nodes => %s' % v)
 end
 
 # 解析
 opt.parse!(ARGV)
end
 
# チェック
if !admin_user || !replication_user || !target_hosts || !event_name || !monitor_name
 # 終了
 exit
end
 
# クラスターを取得
got_result_ip_list = []
cluster_ip_list = getClusterInternalIpList('web')
cluster_ip_list.each do |cluster_ip|
 # maxadminの状況確認
 command = '/usr/bin/timeout 3 /usr/bin/maxadmin -pmariadb -h %s list monitors | grep -F "%s" | grep -F "Running"' % [cluster_ip, monitor_name]
 result = exec(command)
 
 # 結果を取得できたIPを取得
 if result.length > 0
  got_result_ip_list.push(cluster_ip)
 end
end
 
# 結果を取得できたIPの先頭が自分のIPなら実行する
self_internal_ip = getSelfInternalIp()
if self_internal_ip != got_result_ip_list.shift
 # 終了
 exit
end
 
# eventチェック
command = nil
result = nil
if event_name == 'master_down'
 # replication-manager実行
 raw_command = <<EOF
/usr/local/bin/replication-manager\
 --user=%s\
 --rpluser=%s\
 --hosts=%s\
 --failover=force\
 --interactive=false\
 --gtidcheck=true\
 2>&1 | cat
EOF

 command = raw_command % [admin_user, replication_user, target_hosts]
 result = exec(command)
end
 
# メール通知など

 

[my.cnf]

※3台とも同じ設定で、マシンスペックは4CORE/26GBの仮想マシンで、更新系に重点を置いている
##########
# mysqld
##########
[mysqld]
# --------------------------------------------------
# base
# --------------------------------------------------
user=mysql
bind-address=0.0.0.0
port=3306
pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid
datadir=/var/lib/mysql
socket =/var/lib/mysql/mysql.sock
symbolic-links=0
sql_mode=TRADITIONAL
default-storage-engine=InnoDB
transaction-isolation=READ-COMMITTED
character-set-server=utf8mb4
collation-server=utf8mb4_general_ci
skip-character-set-client-handshake=0
innodb_buffer_pool_load_at_startup=1
innodb_buffer_pool_dump_at_shutdown=1
thread_handling=pool-of-threads

# --------------------------------------------------
# replication
# --------------------------------------------------
server-id=1
binlog_format=row
log-bin=mysql-bin
max_binlog_size=128M
sync_binlog=1
expire_logs_days=3
innodb_flush_log_at_trx_commit=1
innodb_autoinc_lock_mode=2
plugin-load=rpl_semi_sync_master=semisync_master.so;rpl_semi_sync_slave=semisync_slave.so
rpl_semi_sync_master_enabled=1
rpl_semi_sync_master_timeout=1000
rpl_semi_sync_slave_enabled=1

# --------------------------------------------------
# network
# --------------------------------------------------
max_connections=1500
max_connect_errors=999999999
connect_timeout=10
max_allowed_packet=1G

# --------------------------------------------------
# logging
# --------------------------------------------------
log_output=FILE
log_warnings=1
log_error=/var/log/mysql/error.log
slow_query_log=1
long_query_time=0.5
slow_query_log_file=/var/log/mysql/slow.log
innodb_file_per_table=1
innodb_log_buffer_size=16M

# --------------------------------------------------
# cache, memory
# --------------------------------------------------
query_cache_size=0
max_heap_table_size=32M
tmp_table_size=32M
thread_cache_size=500
innodb_buffer_pool_size=20G
innodb_flush_neighbors=0
innodb_log_file_size=!G

# --------------------------------------------------
# query
# --------------------------------------------------
sort_buffer_size=512K
read_rnd_buffer_size=512K
read_buffer_size=512K
join_buffer_size=512K

##########
# mysqldump
##########
[mysqldump]
default-character-set=utf8mb4
max_allowed_packet=1G

##########
# mysql
##########
[mysql]
default-character-set=utf8mb4

##########
# mysqld-safe
##########
[mysqld_safe]
log-error=/var/log/mysql/error.log

 

今後、高負荷状況において、テストを行うので、

修正があれば別途記載しようと思う。

 

以上

投稿日時:2016年12月26日 23:36   カテゴリー:mariadb, mysql