JAVAのwebsocketの能力はすごい。

APサーバとして、jetty9を使い、

ほぼメモリのみで完結する処理で、

8coreの仮想マシンで、

同時接続10,000を超えることが可能である。

(当然、OSレベルのチューニングも必要、コードレベルではスレッドプールの適切な利用が必要であり、syncronized、Concurrent、Atomicも使って一貫性を確保することも必要)

 

当然、メモリの使用量には気を付けなきゃいけないが、

多少DB書き込みが入っても、コネクションプールを使っていれば、

全くパフォーマンスダウンしない。

 

やはり、JAVAのマルチスレッドは偉大であると、切に思いました。

 

JAVAのマルチスレッドでの記事は、大規模業務系ぐらいしかないため、

どうも細かい内容が出てきづらい。

もっとオープンなところで積極的に活用されることを願っています。